会社概要 | お問合せ・ご注文

森鷗外ー作品と周辺ー

森鷗外ー作品と周辺ー
著者 酒井 敏 
本体価格 4,500円+税
ページ数/判型 253/ A5判上製
ISBN/分類コード 978-4-907282-81-3 C3095
発行日 2022年9月30日
本の紹介 鷗外没後百年 斬新な鷗外論 森鷗外はかく生き、かく描いた 貴重な資料・文献を渉猟し、鷗外と彼の周辺に関する精緻な実証を行う一方、鷗外作品の柔軟な読解を通して、言説空間(テクスト)とその生成の現場を拓く。
目次内容 Ⅰ テクストから現場へ
一、太田豊太郎の肖像─「舞姫」への一視角─
二、「森鷗外の日清戦争」のために─『徂征日記』再読─
三、「本家分家」の周辺─森久子の建部遯吾との再婚をめぐって─
コラム 『うた日記』、その真の魅力─受容のされ方と「うた」という表現機構─

Ⅱ 読解から紡がれた物語
一、配達されない三通の手紙─森鷗外「舞姫」論のためのエスキス─
二、穂積家の滅亡─「蛇」を読む─
三、三つの墓参り─テクストの交響から見えてくるもの─
四、三島由紀夫「森鷗外」の奇縁─「憂国」と『堺港攘夷始末』、そして『雁』─
コラム 『即興詩人』の中断と持続─鷗外を支えたテクスト─
Ⅲ 『森鷗外宛書簡集』が拓く世界
一、鷗外は大魚を逸したか─怪人・長田秋濤の間の悪さについて─
二、宮嶋資夫と森鷗外─大下藤次郎の義弟として─
三、宮嶋資夫と大下藤次郎─『遍歴』と「大下藤次郎日記」─
四、大下藤次郎三回忌追悼会における森鷗外
─新資料「大下氏の追悼会へ(雑司ケ谷と上野)」(鵜澤四丁)を読む─

初出一覧
あとがき
人名・事項索引 

Copyright(C)鼎書房All rights reserved.