会社概要 | お問合せ・ご注文

堀田善衞の敗戦後文学論 ――「中国」表象と戦後日本――

堀田善衞の敗戦後文学論 ――「中国」表象と戦後日本――
著者 陳 童君
本体価格 6,000円
ページ数/判型 340/A5判上製
ISBN/分類コード 978-4-907282-36-3 C3092
本の紹介 堀田善衞の文学的営為を検証し、敗戦後文学の核心に迫る試み。
堀田文学における<戦中><戦後>の相関について考察する。
目次 凡 例
序 章 堀田善衞研究序説
第一章 堀田善衞・戦中から戦後へ──初期文芸評論からのアプローチ──
第二章 上海・一九四五──堀田善衞『祖国喪失』論──
第三章 「留用」日本人の〈まなざし〉──堀田善衞『歯車』の生成とその問題意識──
第四章 『広場の孤独』の表現手法──堀田善衞における朝鮮戦争と「国民文学」──
第五章 堀田善衞『漢奸』の問いかけ──戦後文学における「対日協力者」の表象──
第六章 〈他者〉としての中国語──堀田善衞『断層』の材源と方法──
第七章 堀田善衞『歴史』論──「上海シリーズ」最終篇の方法と射程──
第八章 堀田善衞『時間』と南京大虐殺事件
結 章 堀田善衞の敗戦後文学論──「戦後十年」と「中国」の行方──
資料篇(一)堀田善衞上海体験重要事項注解・資料集成
資料篇(二)堀田善衞「希望について」全文紹介(全集未収録)
資料篇(三)堀田善衞研究文献総覧
資料篇(四)堀田善衞座談会・鼎談・対談・インタビュー総覧
初出一覧
あとがき
人名・事項索引

Copyright(C)鼎書房All rights reserved.